恐ろしきはレミ咲合同

はやぴ~さん自重wwwwww酷いわwwwwww
いい意味でよ。本当よ。


さて、冷静を取り戻して。
まさかレミ咲合同がこれほど破壊力があるとは思わなかった。

クオリティが高すぎて精神的に大ダメージを受けた。
怖くて次の同人誌が読めない。


しばらくは音楽のターン、で行こうとおもったけど、
ゴメン、CDの方もヤバイ。

原因が分からない。
なんかこう、狂うんだ。
精神的に蝕まれるような麻薬のような。

期待以上に良い本で、良い曲が入りまくってる。


私が聞いた感じ、調和なんて微塵も感じさせない好き放題の集まり。
空気読めなんていってられない。主張がぶつかり合ってる。

コレだよコレ!
今すぐ文章に打ち込まないとどうしようも無くなるようなこの興奮!!!
Cradleを聞いたときと結構似たような興奮だ!!


下に書いてるのは本当のタイトルじゃないからねー。


1.序章
一曲目から期待の度合いがグンとあがる。
そこは序章ってとこか。


2.セプテットヴォーカル
イントロから相変わらずの岸田音。
何から岸田さん風の音なのかを判断してるか分からないけど、聞けば分かる岸田風味。

3.月時計
紅魔郷の曲差し替えプレイするならコレだな。
流石ルナダイアルだけあって、興奮度がしゃれにならん。
でも短いのが残念!聞くときは2ループ聞かないと落ち着かないような。


4.フラワリ
びみょんにライブ的なスタートに、生々しさを感じる。
反面、曲自体には単調さを持たせてる。
この矛盾が変な感じを誘うぜ。

5.上海茶
「安定、鉄板、完璧ィィ!!」のkoutaqさん。
koutaqさんの曲を聴いてると、
東方アレンジ好きなU-rawよりも、
どっちかといえば私の人生全体で好きな曲、って感じで、
中の人の好みのほうが全面に押し出される。

今回も素晴らしい曲をありがとう。


6.レラ・ザ・ワールド
仮に本人がネタといおうと、
私の脳内は紅魔館Loveなシリアスフィルターがかかるぜ。

この歌は感想を書くとネタバレになる気がするんだがなー


紅魔の野望は、ついに目的を達するに至った。
(つまりただの我侭じゃないのk(グングニル
つまりは、れーみりゃ☆(結局フィルター破壊

7.重低音メタルktkr
メイド血。
イントロと1:52あたりにも使われてる、
フラワリに似たフレーズを多用してかつ攻撃的。

8.聴いた瞬間分かるだろ?ちょwwwっていいたくなるからさ。
上手いこと混ぜやがって!この!
前半と後半の繋ぎが好き。つなぎ終わった後はちょっと驚いたが、
その驚きをまたコロッと興奮に変えてくれる。


9.
回を重ねるにつけて好みになってる件。
聞き込む曲ってよりは、最高のBGM。
芋川さんの漫画パートとセットだといいんじゃないかな?

10.
まずこの手のリズムを採用した時点で私を挑発している。
2:30あたりから神。
中の人、thE以外には出てたっけ?
ってかあの時もオーエンアレンジだった気が。曲は別物だけど。

BITPLANEさんところのEASTERN FAIRY TALEが好きな人は、
結構ツボにはまると思われます。

--------------------------------------------------------------
11.「」

CDだってタイトルを見た瞬間に絶句。何か胸騒ぎがした。


私の脳内の音楽妄想パワーとアレンジ曲聴き続けてきたとか
いろんなものを踏まえて、こんなのあったらいいなって。
そんな理想のセプテットアレンジを、同路線で圧倒的に超えている。


音楽に感極まってヘッドホン全力で投げつけた。
(布団の上で助かった。でも跳ねて自分にあたった。痛い)
アレかね。感極まりすぎて暴力的になるってことかね。
冗談じゃない。


脳内理想セプテット( < 小骨セプテット)を簡単に説明すると、


1.ワルツ
ダンスのリズムと優雅さ。
セプテットだろ?紅い月下で踊らなくてどうする。


2.芯のある女性ボーカル。
萌声なんて微塵も感じさせない声。
大人の雰囲気をしっかり出せる人じゃないとつとまらない。
Ichigoさんの歌唱力は異常。


3.ジャズベース
がっしり芯まで響くような低音で、
体にスゥ?っと入り込むような音。
(今のヘッドホンだと弱く聞こえちゃうんで、
そこだけブーストかけさせてください。ゴメン)

ここらた全部満足させる仕様です。
なんてヤツだ!

--------------------------------------------------------------

12.リラクゼーション
落ち着きましたか?私はまだ興奮しています。
でも強制冷却です。


「あなたにはどんなレミ咲が見えましたか?」
って短い曲だったけど、そういわれたような。
コレだけばらついていた主張も、
全部うまくまとめられた気がする。
千夜一夜も夢まぼろしですか。

この作品は、紅魔ペアへの幻視力に、
攻撃的なまでに訴えかけられる作品です。
普通の同人誌を読む感覚でもちょっと辛いかも。
ある一定のラインを超えたレミ咲好きじゃないと
精神が保てないのではないかと。


タチの悪い薬でもやっているかのよう。
私には、幸せな紅魔館を幻視することは出来なかった。
もっと狭く、暗く、甘い匂いに絡めとられた、
排他的な二人だけの空間。

お嬢様。
それでは、お休みなさいませ。

---------------------------------------------
ここまで好きなこと並べといて、ようやく分かった。
作品としては最高に大好きなんだ。

んで、なんでこう苦しんでるのかというと。


「あなたはいままで購入したレミ咲本の数を覚えているの?」
「13冊。私は美×咲派ですわ」


(数字はイメージです。そんなに少なくないぜ)

雑記詳細

2007年11月 7日 23:28の雑記です。

1つ前:レポの前に

1つ後:紅楼夢レポ部分(四季映姫~主催)

トップページへ

雑記倉庫へ